スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供をバイリンガルにするために親ができること

私が住んでいる所では、国際結婚ファミリーの数はあまり多くありません。JJの通っている幼稚園は私立で、いわゆる「ハーフ」の子が通っている方なのですが、そうは言っても、一学年に一人くらいのものです。そんな狭い社会なので、似たような国際結婚ファミリーは皆、横のつながりでつながっているような感じです。
(ただ、お互いの家庭で忙しいので、密着度はそんなに強くないので、それが負担になるようなつながり方ではないです。)

それで、たまに会うと話題によくなるのが、「どうやって子供をバイリンガルにするか」ってことですね。
それぞれの家庭で事情も違うので、「これだ!」という万能薬(?)がなく、この話題は永遠のテーマかもしれませんが・・・。

我が家の場合、ですが、私は'One parent, One language'(片方の親が日本語、もう片方の親が英語で子供に話しかけるやり方)を実践したかったので、すでに子供さんが小学生の方なんかに、これについて聞いてみました。
すると、お父さんが英語の担当だと、結局家庭で子供と過ごす時間の長いお母さんとの日本語が強くなり、英語が追いつかない、とのことでした。
子供さんがインターナショナルスクールなどに通っていれば良いのですが、自宅近くの公立小学校などに通っていれば、当然授業も友達も日本語なので、日本語での環境ばかりになってしまう。お父さんが仕事から帰ってきて夜にちょこっと話すだけでは英語の上達にはならないから、結果、お母さんも英語で話すしかない、という方が多かったです。
それで、私のやりたかった方法を実践している家庭はいないのかなーと、ちょっと不安になり、あるサイトにて質問してみました。すると、中には「家庭では英語、外では日本語」というやり方にしている人たちもいることがわかりました。ただ、これでネックになるのは、実家の両親などが来られているときに、子供が「おばあちゃんが分からないのはかわいそう」と結局そのときは日本語になる、ということでした。これも実家の出没数が少なければよいのでしょうが、頻繁に実家と食事などする場合は意味のないことになるようです。
やはり、母国語=母の国の言葉 なのねぇ、なんて思ったりして、これが日本在住で母親が英語を話す担当であれば、良いのになぁ、と思ったりしました。

で、我が家では私は子供に日本語で話しかけました。唯一、私が子供に英語で話しかけるときにはミッキーマウスの人形を使いました。人形は全て英語です。
そうすることで、少し英語で会話する機会を作っていました。
テレビばかりに子供のお守りをさせるわけにもいかないですからね。

今は、JJがエリーと遊ぶときは英語なので、私もエリーにはほとんど英語で話しかけています。
そのせいもあるんでしょうね。エリーは90パーセントくらい英語ばかりなので・・・。彼女は日本語も分かっているのですが、出てくる言葉は英語なのです。

子供をバイリンガルにするのは簡単ではないですね。
みんなで頑張りましょう!
スポンサーサイト
コメント

No title

Hello   NIce to meet you!
中学校依頼、うまくよけてきた英語が急に必要になり、悪戦苦闘続けているおじさんです!
社会環境がかわり、おじさんは大変です、お子さんが社会に出られる時は、本当のグローバルになっていると思います、バイリンガルにしてくれた親に感謝するでしょう!頑張ってください!
私は早い方が良いとおもいます、バランス感覚の同時に必要ですが。
See you! (^^)/

初めまして

Taka from Kyotoさん、コメントありがとうございます。
大人になってからの英語学習は根気が必要ですよね。興味をどれだけ持てるか、どれだけ楽しめるか、が大切だと思います。私は企業などで中堅クラスのおじさまたちに英語を教えたこともありますが、苦痛に思ってやっている人と、楽しんでやっている人では上達の速度が違うような気がしました。頑張ってくださいね。応援しています!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。