スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供たちの語学力

うちの子供たちは3人とも日本生まれの日本育ちです。
ダディがアメリカ人なので、「英語ができるだろう」という風に周りから思われても
仕方ないと思います。でも、結構国際結婚家族を見ていたら、英語ができなくて
悩んでいる家庭って多いものです。いくら自分の周りに英語のできる人がいても
出来ない人は出来ないのですよ。日本人でも何十年も外国に住んでいても、その
国の言葉ができないって人もいますよね。逆に外国人でも日本にずっと住んでいても
日本語がほとんどできないっていう人もいますものね。

私は若かりし頃に、努力して英会話を取得したので、その分語学を習得することの
大変さはよく分かっているつもりです。
また、そんな大変な思いをしないで、語学力を身につけることができたらどれだけ
良いかと思ってきたので、子供たちの環境作りには熱心かもしれません。

JJは普通の私立の幼稚園に通っていて、今春から年長さんです。
今の段階では、日、英共に流暢なバイリンガルに育っています。読み書きはまだ
始まっていないので、それは今後の課題となっていくと思います。

エリーは、まだ幼稚園に行っていないということもあり、エリーの世界=JJと遊ぶ
世界なので、もろにJJの影響を受けています。
なぜかJJがエリーと遊ぶときには英語で話しかけて遊んでいるので、エリーは
日本語よりも英語の方がすらすらと出てきます。日本に住んでいて、母親は日本人
なのに、エリーは英語が強いです。

末っ子のノンタンはまだ10ヶ月で、「あー」とかしか言っていませんが、この子もきっと
英語が強くなるのでしょうね。きっと兄弟3人で英語で遊ぶようになると思います。

JJのときは初めての子供、初めての子育てだったので、色々英語の環境作りに
力を入れていました。そのことについては追々書いていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援してください。

スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。