スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーの英語システムを評価する

JJがまだ2歳ごろでしょうか、ディズニーの英語システムを購入しようかと、検討したことがあります。
結論から言うと、買わなかったのですが、常に気になる教材ではあります。

価格はひとまずおいておき

私が良いと思う点
小さな子供が興味をもつ内容である
アルファ波を引き出す良い音楽を採用している
内容は結構濃く、仮定法など高校レベルまでの英語が入っている
ミッキーやミニーなど、キャラクターの本当の声を採用している
DVDやワークブックなどの教材が連動していて、使用できる
別料金はかかるものの、教材の補償が充実、フォローアップもしてくれる
などでしょうか。

特に悪い点は思い当たりませんが、強いて言うならば、小学生以上から始めると子供がディズニーキャラクターに興味を示さない可能性があること。

どうせするなら、早いにこしたことないでしょうね。

この英語システムは、フォニックスでなく、母国語方式を採用していることを特徴としています。
個人的にはフォニックスが良くないとは思っていませんが、かといって、母国語方式を否定するつもりもありません。 フォニックスはネイティブでも小学生くらいから習う(ダディ談)とのことなので、3歳以下のお子さんだったら母国語方式の方が自然で分かりやすいと思います。

また、このシステム、両親が英語が全くできなくても、子供はDVDやワークブックをすることで英語ができるようになる、というのが大きな売りだと思います。そのための、ガイドもついていますし。

子供たちの興味を持続させるためのイベントがあったり、キャンプがあったり、フリーダイアルでネイティブと話ができたりするというような、ただ教材を売るだけではなくアフターサービスも充実しているところも良いと思います。(ただし、有料ですけど)

では、なぜ私たちが購入に至らなかったか、というとこんないきさつが・・・。

セールスレディの方が、体験で来られて、
私 「高額のお買い物になるので、主人と話し合います」
セールスレディ 「では一週間後の○日にお電話しますので、そのときにお返事ください。そのときにご購入いただけたら○○がサービスでつきます」

とのことでした。実は私は買う気満々になっていました。
価格は高いのですが、パーツ買いもできます。でも、どうせ買うならフルセットでそろえないと意味ないと私は思っていました。そして、英語担当のダディに責任持って使って欲しい、と思いました。
ダディに聞いたら、「買っていいよ」と言ってくれ、買うぞーと思っていました。

ところがお約束の期日になっても電話がかかってこない。
高額な商品を購入する気になっているのに、待てども連絡なしです。
期日を過ぎた一週間後くらいに、突如ファクスがあり、「子供が熱が出ていたため℡できませんでした。すみませんでした。また改めましてお電話します」と書いてありました。
そんなの書いてファクスする暇があるなら、電話できるでしょうに・・・。

この間に、私の衝動買いモードが沈静化しました。。。

体験のときにJJは喜んで遊んでいましたが、ワークブックなど難なくこなしていたので、本当に必須のものかと言うと、「あれば尚良いかもしれないけれど、なくてもどうにかなる」という印象は持っていました。さらに、我が家にはすでに山ほど英語の本やゲーム、ビデオがあるので、それらでも十分に英語を使えるということもありました。また、両親とも英語ができるので、ネイティブとのフリーダイアルなどはあまり魅力を感じていなく、このような一貫しているセットは使いこなせばとても良いものなのは分かるけれど、自分たちの(絵本やDVD,ゲームを探す)手間を高価なセットものを買うことで省いているような罪悪感も多少ありました。

また、この、あまりやる気のないセールスレディから買うこともちょっと気が引けた一つの理由でした。
体験のときも、あまりにマニュアル通りに話すセールストークにちょっとうんざりしていたので、2週間以上も間を開けられたことで、気持ちがすっかり醒めてしまいました。

それで、やっと電話がかかったときに、「申し訳ないのですが、今回は見合わせます」と言う様なことを言ってお断りしました。

そのときに「もしも、予算が厳しいなら、分割もありますし、全部買わなくても、またお金が貯まったときに買い増しもできますから、一部だけでも購入することも考えてください。お金がないからと言って全てを諦めるのではなく、ちょっとでも与える方が良いですよ」

と言われました。「私は買うなら、全部買いたいし、一括で買いたい」と思っていました。
夕方など家事をしている間にみせるつなぎのDVDと使うにしてはかなり高いお買い物になりますから。買うなら、徹底的に使わないとね。

確かに、彼女の言う、「全然やらないより、少しでもやった方が良い」というのは正しいと思います。
英語だけではないと思いますが、どんな習い事でも全然やらないよりは少しでもやった方が、たとえモノにならなくても、きっといつか役に立つことがあると思います。
だから、両親は英語ができなくても、子供に英語のDVDを見せたりするのはとても大切なことだと思います。くだらないテレビ番組をみせるより、はるかに良いと思います。

ただ、我が家の場合、子供のバイリンガル教育はディズニーを買わなくても必須なので、「買わない=英語を学ぶ機会がない」って訳ではなく、我が家にはシングアロングなどのディズニーのビデオなどもいっぱいあり、彼女の言うことはあまりあてはまらないと思っていました。

そんなこんなで我が家には 英語システム やって来ませんでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。