スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園の英語参観日

エントリーするのが遅くなりましたが、6月に幼稚園で英語参観がありました。
残念ながらダディーは仕事だったので、私が下のエリーとノンタンを連れて行きました。
今回は英語で遊んでいるところを見るのが主な目的の参観日のため、クラスごとに時間の設定もあり遊戯室で行われました。年長さんは2クラスで、JJはつき組です。つき組からまずは参観がありました。
最初にS先生とごあいさつ、その後果物のイラストカードを使って、果物の名前の説明。
子供たちに見えないようにS先生がカードを並べ替え、そのときに一枚とか二枚カードを抜きます。子供たちは無くなってしまったカードがどれだったかを当てます。
その後グループに分かれたゲームなどありました。
子供たちはとても楽しそう。リラックスしてよい感じでした。

ただ、一つ私が気にかかったことは、その果物の呼び方。
複数形を使ったほうが良いような絵もあったのですが、どれも単数形で教えていました。
「ブルーベリー」「バナナ」「チェリー」「グレープ」など。
これらを単数形で言う方が不自然と思うのですが、果物の名前ってカタカナで浸透していることもあり、子供たちに覚えやすいようにそうしているのでしょうね。
ちょっと不満に思ったのは私だけでしょうか・・・。
リクエストして正すほどのこととは思っていませんが、どうなんでしょうね。皆さんの意見もぜひ聞かせてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。