スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話って大変?!

夏休みが始まって、すぐの7月20日、お友達家族がランチに来ました。
ダディーが日本人、マミーがアメリカ人、男の子(小学生)2人の4人家族です。
26日から母子だけでアメリカ(マミーの実家:ニューヨーク)に里帰りだそうです。
男の子二人とも、とても気立てがよく、うちの子供たちともよく遊んでくれました。
ちょうどJJは私の母と一緒に、母の里へお泊りしていたため、楽しみにしていたおにいちゃんたちと再会できず、ちょっと残念でしたが・・・。

今までこの家族とはいつもBBQなどして外で会うばかりだったので、家に来てもらったのは初めてです。
うちには家庭菜園があり、家庭菜園に興味津々の上の男の子は、色々質問したいことがあったようです。それで、うちのダディが家庭菜園やガーデニングなど手がけていると知ったM君、質問がしたいけれど、どうやって(英語で)聞いていいか、分からなかったため、(アメリカ人の)マミーに日本語で「とうもろこしって作るの難しいか、聞いてよ」とお願いしていました。そこで、M君のマミー、「自分で聞いてみてごらん」と英語で答えていました。
日本語のできる我が家のダディー、この状況は理解できているので、「遠慮なく質問して良いよ。何が知りたいって?」と英語で言い、その後はM君の聞きたい質問をうまく誘導、フォローしたので、M君何とか英語で質問ができました。

国際結婚家族で日本在住の場合、家族以外の英語のネイティブスピーカーと話すチャンスは上手に使いたいところです。大体、誰もが同じ願いを持っているので、お互いの子供たちには英語で話しかける、というのは暗黙の了解のような感じになっています。

私は日本人なので、子供たちには日本語で話しかけますよ。
つまり、自分たちの母国語で話しかける、ということが自然だということです。私の不完全な英語の発音をよそ様の子供たちにおしつけるのはちょっと失礼かな、と思っています。私も外国人の友達が私の子供たちに話すときは、怪しげな日本語でなく、英語で話してほしいと思います。
さすがに、年配の方とか、あまり親しくない外国人の方が、我が子に不完全な日本語とか単語だけ日本語とかで話しかけてもそれを咎めたりはしませんが・・・。

英会話って簡単ではないかもしれません。でも、小さなころからやっていれば多分、かなり楽だと思います。そう信じています!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。