スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供にとってどっちが良いのでしょう

5月11日、子供英会話の生徒さんやダディのオープンカレッジの生徒さんなどなど、英語を勉強している方々や、私たちのお友達などみんなで集まってBBQパーティーをしました。
ちょっとでも、英語を話すきっかけになったり、新しいお友達ができたらいいな、と思って企画しました。
大人だけでも50人以上、子供も25人くらいいたのでしょうか。
大勢のパーティーとなってしまいました。
集合写真を撮ろうと思って、カメラを持っていっていたのですが、子供たちはみんなてんでばらばらに
なって遊んでいるし、「ま、いっかぁ」と結局一枚も写真取りませんでした。
アバウトな主催者ですみません・・・。
国籍も日本、アメリカ、オーストラリア、カナダなどなど多彩でした。
下は8ヶ月から、一番上は75歳すぎの生徒さんまでいました。

久しぶりに会ったOさんの家族は
ダディが日本人
マミーがアメリカ人
男の子が二人(小6と小4)
の4人家族です。

「子供たちの教育、大学はアメリカにしたいとか思っている?」って聞いたら
「まだ中学をどうするかもきちんと決めていないのよ~」と言っていました。
でも、お金もかかるので、一番のベストは「高校まで公立に行き、アメリカの大学にはTOEFLで行く」
ことかなぁ、と言っていました。

子供が大学で何を専攻したいか今わかるわけでもないし、今、進学する大学を決めるのは
ムリですものね。
ただ、大学によっては、州外と州内で学費とか違うわけですよ。
そして、留学生だともっとお金がかかるってことです。

Oさんの家はお母さんがアメリカ人だから、家でのスクーリングも簡単にできるかなぁ。
彼女いわく、「大変よ~。今の段階でも読み書きはあまりできていないの」とのこと。

どこの家も大変です。
スポンサーサイト
コメント

No title

おひさしぶりです。
子供の教育、頭が痛いですよね。うちの夫が大学で働いてますが、州立なので、州内住民の学費を1とすると、州外からの生徒はその3倍、留学生は州内住民の学費の6倍だそうです(驚)。もちろん州からの補助金等の関係もあるんでしょうが。ちなみにこのあたりの私立は均一料金なので州内外や留学生というカテゴリーはないそうです。
うちはどうなるんでしょうねぇ、って10年ぐらいこの先ありますが(笑)

コメントありがとうございます

留学生は6倍ですかぁ。すごーい。いや、覚悟はしていたのですが・・・。各大学によって金額も違うでしょうから、今大騒ぎしても仕方ないのですが、でも、心の準備、金銭面の準備が必要ですものね。
ちなみに、うちの主人は、私たちが仮に日本に住んだまま子供だけがアメリカの大学に行った場合、子供たちはアメリカ国籍を持っているのだから、「留学生扱い」にはならず、「州外扱い」になるはずだって、言うのです。でも、日本の高校を卒業していたら、トーフルを受けないといけないので、そうだと留学生扱いになるのでは、、、と思ったりしています。これもまた、各大学の留学生枠なんかによって変わってくるのかもしれませんね。今から調べていても、我が子が受験の時にはまた事情が変わっているかも・・・?!我が家も長男はまだ5歳なので。まだまだ先の話なのでした。でも、気になる話題です・・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。