スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お友達ファミリーのバイリンガル事情②

私は日本在住の国際結婚ファミリーの母です。
そのため、同じような境遇のお友達と子供をバイリンガルにすることについてのお話をすることが折りに触れてあります。バイリンガルにする(なる)ための、特効薬とか、万能薬というものはないと思っていますので、色々な家庭の色々なやり方を知って、自分に合ったやり方を見つければよいと思います。
「あ、こんなこともあるんだぁ」と参考にしていただければうれしいです。

F家の場合 (日本在住)
ダディー(オーストラリア人
マミー(日本人)
子供たち (数が多く、テレビでも取材されているようなファミリーですので、省略します)

このファミリーは、ご夫婦でお仕事をされていて、なおかつ、子供も多いので、とっても忙しそうです。(特にお母さんが大変そうです)そのため、なかなか改まってお話ができず、子供さんたちの将来をどうするか、なんて話もきちんとしたことはありません。
ダディーは子供たちに英語で話しかけ、マミーは日本語で、という感じです。
でも、子供たちは赤ちゃんの頃から保育園にお世話になっているため、日本語ばかりが強くなっていて、英語はほとんどできません。ダディーは日本語があまり上手でないため、コミュニケーションがうまく取れないこともあるみたいです。
それで、(ってわけでもないかもしれませんが)子供たちは小学生くらいになると3ヶ月おきとかにオーストラリアの小学校に通っています。(その子の英語のレベルによって寮に入ったり、ホームステイだったりするようです)子供たちは、学校の勉強が大変かもしれませんがそれなりに楽しんでいるみたいです。

応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。