スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ先とは言え、進路について悩みます

我が家の長男は今春から年長さん。
進路を決めるのはまだまだ先の話です。
もちろん、大学付属小学校とか入れる家庭ではもう受験の準備なのでしょうが、
我が家は自宅近くの公立小学校に行かせる予定(というか、それ以外の選択肢は
ないの)です。

ただ、子供の将来は「日本にある」だけとは思っていないので、それなりに選択肢が
広まるように、英語もしっかりやって、アメリカの大学に行かせることも考えています。
でも、簡単にアメリカの大学に行くことはできませんから、そうなら、それなりの準備が
必要となってきます。

うちの近くに、英語で授業をする中高一貫校が数年前できました。ダディーの生徒さんの
娘さんが通っていますので、我が家もその学校のことは少しは知っています。
聞くところによると、その学校は文科省にも認められているから、日本の大学も受けられるし
また、アメリカの大学もトーフルなしで入れるとか。
地元のインターナショナルスクールは、質は高いと言われていますが、ここの高校を
卒業すると、日本の大学は大検を受けないと受験できません。それに学費も高いです。
年間学費だけで160万円・・・。
我が家ではそんなのとうていムリです。

中高一貫校は私立ですが、インターよりははるかに学費が安いみたいです。
それでも、現在の学費は月5万。年間60万円ですね。

あと、少しムリがあるかもしれないけれど、ベースの中の高校に通わせる、という
ことも考えました。ベースは、おとなりの県にありますので、車で(高速使って)1時間くらい。
電車など使っていくとかなり時間かかるかも。。。でも、アメリカよりも近くて
アメリカの学校に行けるから、この際それもありかな。と。

昨日、ダディーが子供さんをベースの学校に入れていたアメリカ人の友達に
会いました。そのときに、学費を聞いてみたらしいです。
すると、25年くらい前の当時13000ドルだったらしいです。
今はどうなっているか、不明です。
お友達の子供さんたちはベースの高校に通った後はアメリカ本土の大学に
入学されたそうです。

頭が痛くなる話題です・・・。
今日もクリックお願いします♪
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

コメント

No title

そうですよね、どこにいても学校のことは悩みの種。うちの子はいろいろ悩んだ末、普通の公立小学校に行っています。私が住んでいるあたりには日本語補習校はあっても全日制の日本人学校はないんです。
そういえばベースの中の学校、実家のすぐ近くにベースがあって、知り合いがお子さんを通わせてました。やっぱりかなり学費が高かったとか。軍属の方だとただなのにね~とこぼしてましたっけ。

そうですよね!

本当にどこにいても、子供の教育は大変ですよね。アメリカはベースの中の学校は親が軍関係の仕事だと無料なんですね。それってすごいですよね。私たちも年間13000ドルと聞いたときに、主人が「ベースで仕事探そうか~」なんて言っていました!!そしたら、通学のときも連れて行ってもらえるし、一石二鳥!?たとえ仕事があってもそのお給料で家族が生活できなくては意味ないですけどね・・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。