スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーの英語システムを評価する

JJがまだ2歳ごろでしょうか、ディズニーの英語システムを購入しようかと、検討したことがあります。
結論から言うと、買わなかったのですが、常に気になる教材ではあります。

価格はひとまずおいておき

私が良いと思う点
小さな子供が興味をもつ内容である
アルファ波を引き出す良い音楽を採用している
内容は結構濃く、仮定法など高校レベルまでの英語が入っている
ミッキーやミニーなど、キャラクターの本当の声を採用している
DVDやワークブックなどの教材が連動していて、使用できる
別料金はかかるものの、教材の補償が充実、フォローアップもしてくれる
などでしょうか。

特に悪い点は思い当たりませんが、強いて言うならば、小学生以上から始めると子供がディズニーキャラクターに興味を示さない可能性があること。

どうせするなら、早いにこしたことないでしょうね。

この英語システムは、フォニックスでなく、母国語方式を採用していることを特徴としています。
個人的にはフォニックスが良くないとは思っていませんが、かといって、母国語方式を否定するつもりもありません。 フォニックスはネイティブでも小学生くらいから習う(ダディ談)とのことなので、3歳以下のお子さんだったら母国語方式の方が自然で分かりやすいと思います。

また、このシステム、両親が英語が全くできなくても、子供はDVDやワークブックをすることで英語ができるようになる、というのが大きな売りだと思います。そのための、ガイドもついていますし。

子供たちの興味を持続させるためのイベントがあったり、キャンプがあったり、フリーダイアルでネイティブと話ができたりするというような、ただ教材を売るだけではなくアフターサービスも充実しているところも良いと思います。(ただし、有料ですけど)

では、なぜ私たちが購入に至らなかったか、というとこんないきさつが・・・。

セールスレディの方が、体験で来られて、
私 「高額のお買い物になるので、主人と話し合います」
セールスレディ 「では一週間後の○日にお電話しますので、そのときにお返事ください。そのときにご購入いただけたら○○がサービスでつきます」

とのことでした。実は私は買う気満々になっていました。
価格は高いのですが、パーツ買いもできます。でも、どうせ買うならフルセットでそろえないと意味ないと私は思っていました。そして、英語担当のダディに責任持って使って欲しい、と思いました。
ダディに聞いたら、「買っていいよ」と言ってくれ、買うぞーと思っていました。

ところがお約束の期日になっても電話がかかってこない。
高額な商品を購入する気になっているのに、待てども連絡なしです。
期日を過ぎた一週間後くらいに、突如ファクスがあり、「子供が熱が出ていたため℡できませんでした。すみませんでした。また改めましてお電話します」と書いてありました。
そんなの書いてファクスする暇があるなら、電話できるでしょうに・・・。

この間に、私の衝動買いモードが沈静化しました。。。

体験のときにJJは喜んで遊んでいましたが、ワークブックなど難なくこなしていたので、本当に必須のものかと言うと、「あれば尚良いかもしれないけれど、なくてもどうにかなる」という印象は持っていました。さらに、我が家にはすでに山ほど英語の本やゲーム、ビデオがあるので、それらでも十分に英語を使えるということもありました。また、両親とも英語ができるので、ネイティブとのフリーダイアルなどはあまり魅力を感じていなく、このような一貫しているセットは使いこなせばとても良いものなのは分かるけれど、自分たちの(絵本やDVD,ゲームを探す)手間を高価なセットものを買うことで省いているような罪悪感も多少ありました。

また、この、あまりやる気のないセールスレディから買うこともちょっと気が引けた一つの理由でした。
体験のときも、あまりにマニュアル通りに話すセールストークにちょっとうんざりしていたので、2週間以上も間を開けられたことで、気持ちがすっかり醒めてしまいました。

それで、やっと電話がかかったときに、「申し訳ないのですが、今回は見合わせます」と言う様なことを言ってお断りしました。

そのときに「もしも、予算が厳しいなら、分割もありますし、全部買わなくても、またお金が貯まったときに買い増しもできますから、一部だけでも購入することも考えてください。お金がないからと言って全てを諦めるのではなく、ちょっとでも与える方が良いですよ」

と言われました。「私は買うなら、全部買いたいし、一括で買いたい」と思っていました。
夕方など家事をしている間にみせるつなぎのDVDと使うにしてはかなり高いお買い物になりますから。買うなら、徹底的に使わないとね。

確かに、彼女の言う、「全然やらないより、少しでもやった方が良い」というのは正しいと思います。
英語だけではないと思いますが、どんな習い事でも全然やらないよりは少しでもやった方が、たとえモノにならなくても、きっといつか役に立つことがあると思います。
だから、両親は英語ができなくても、子供に英語のDVDを見せたりするのはとても大切なことだと思います。くだらないテレビ番組をみせるより、はるかに良いと思います。

ただ、我が家の場合、子供のバイリンガル教育はディズニーを買わなくても必須なので、「買わない=英語を学ぶ機会がない」って訳ではなく、我が家にはシングアロングなどのディズニーのビデオなどもいっぱいあり、彼女の言うことはあまりあてはまらないと思っていました。

そんなこんなで我が家には 英語システム やって来ませんでした。

スポンサーサイト

クリスマスをハワイで過ごしたい♪

夏休みが始まって、早くも2週間になります。
ところが、先日10月からの航空会社の運賃が発表になってからというものの、私ことマミーは子供たちと悠長に遊ぶ気分にならないで、PCにかじりついています。ごめんね。。。
というのが、突然浮上した海外旅行の計画に、かかりっきりなのです。
計画していたというのであれば良いのですが、希望はしているものの、実際には諦めていた旅行なだけにいざ実行しようとすると色々な問題浮上中。
大きな問題は経済的な問題で、いっそのこと私がぱっとパートにでも行ければよいのですが、6歳、3歳、1歳の子供たちを抱えていてはそんなに簡単にパートには行けません・・・。

そんなわけで、いかに安く行くか、いかに節約してお金を貯めるか、ということになります。
でも、なかなかお金を貯めることってできないですね。
支出を見直すといっても、あまり削るところがない我が家の家計。強いて言えば電気代かな・・・。
でも、小さな子供達がいるので、エアコンとかは常についている状態で、しかも今はPCもついています。さらに、子供達が遊びながらテレビもつけている。気づけば扇風機もついている。
こんなのでは電気代が減るわけないですね。

本当、もう後は収入を増やすしかないって思うのです。

クリスマスをハワイで過ごしたい理由は色々あります。それらの理由はぼちぼち姉妹ブログに書いていきたいと思います。

とりあえず、ちょっとでもマイルを貯めるために、JALカードの入会手続きをしています。




これから少しずつマイルも貯めて、今回は間に合わないけれど、次回は特典予約で旅行にいけるように頑張りたいと思います。

幼稚園の英語参観日

エントリーするのが遅くなりましたが、6月に幼稚園で英語参観がありました。
残念ながらダディーは仕事だったので、私が下のエリーとノンタンを連れて行きました。
今回は英語で遊んでいるところを見るのが主な目的の参観日のため、クラスごとに時間の設定もあり遊戯室で行われました。年長さんは2クラスで、JJはつき組です。つき組からまずは参観がありました。
最初にS先生とごあいさつ、その後果物のイラストカードを使って、果物の名前の説明。
子供たちに見えないようにS先生がカードを並べ替え、そのときに一枚とか二枚カードを抜きます。子供たちは無くなってしまったカードがどれだったかを当てます。
その後グループに分かれたゲームなどありました。
子供たちはとても楽しそう。リラックスしてよい感じでした。

ただ、一つ私が気にかかったことは、その果物の呼び方。
複数形を使ったほうが良いような絵もあったのですが、どれも単数形で教えていました。
「ブルーベリー」「バナナ」「チェリー」「グレープ」など。
これらを単数形で言う方が不自然と思うのですが、果物の名前ってカタカナで浸透していることもあり、子供たちに覚えやすいようにそうしているのでしょうね。
ちょっと不満に思ったのは私だけでしょうか・・・。
リクエストして正すほどのこととは思っていませんが、どうなんでしょうね。皆さんの意見もぜひ聞かせてください。

英会話って大変?!

夏休みが始まって、すぐの7月20日、お友達家族がランチに来ました。
ダディーが日本人、マミーがアメリカ人、男の子(小学生)2人の4人家族です。
26日から母子だけでアメリカ(マミーの実家:ニューヨーク)に里帰りだそうです。
男の子二人とも、とても気立てがよく、うちの子供たちともよく遊んでくれました。
ちょうどJJは私の母と一緒に、母の里へお泊りしていたため、楽しみにしていたおにいちゃんたちと再会できず、ちょっと残念でしたが・・・。

今までこの家族とはいつもBBQなどして外で会うばかりだったので、家に来てもらったのは初めてです。
うちには家庭菜園があり、家庭菜園に興味津々の上の男の子は、色々質問したいことがあったようです。それで、うちのダディが家庭菜園やガーデニングなど手がけていると知ったM君、質問がしたいけれど、どうやって(英語で)聞いていいか、分からなかったため、(アメリカ人の)マミーに日本語で「とうもろこしって作るの難しいか、聞いてよ」とお願いしていました。そこで、M君のマミー、「自分で聞いてみてごらん」と英語で答えていました。
日本語のできる我が家のダディー、この状況は理解できているので、「遠慮なく質問して良いよ。何が知りたいって?」と英語で言い、その後はM君の聞きたい質問をうまく誘導、フォローしたので、M君何とか英語で質問ができました。

国際結婚家族で日本在住の場合、家族以外の英語のネイティブスピーカーと話すチャンスは上手に使いたいところです。大体、誰もが同じ願いを持っているので、お互いの子供たちには英語で話しかける、というのは暗黙の了解のような感じになっています。

私は日本人なので、子供たちには日本語で話しかけますよ。
つまり、自分たちの母国語で話しかける、ということが自然だということです。私の不完全な英語の発音をよそ様の子供たちにおしつけるのはちょっと失礼かな、と思っています。私も外国人の友達が私の子供たちに話すときは、怪しげな日本語でなく、英語で話してほしいと思います。
さすがに、年配の方とか、あまり親しくない外国人の方が、我が子に不完全な日本語とか単語だけ日本語とかで話しかけてもそれを咎めたりはしませんが・・・。

英会話って簡単ではないかもしれません。でも、小さなころからやっていれば多分、かなり楽だと思います。そう信じています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。