スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供をバイリンガルにするために親ができること

私が住んでいる所では、国際結婚ファミリーの数はあまり多くありません。JJの通っている幼稚園は私立で、いわゆる「ハーフ」の子が通っている方なのですが、そうは言っても、一学年に一人くらいのものです。そんな狭い社会なので、似たような国際結婚ファミリーは皆、横のつながりでつながっているような感じです。
(ただ、お互いの家庭で忙しいので、密着度はそんなに強くないので、それが負担になるようなつながり方ではないです。)

それで、たまに会うと話題によくなるのが、「どうやって子供をバイリンガルにするか」ってことですね。
それぞれの家庭で事情も違うので、「これだ!」という万能薬(?)がなく、この話題は永遠のテーマかもしれませんが・・・。

我が家の場合、ですが、私は'One parent, One language'(片方の親が日本語、もう片方の親が英語で子供に話しかけるやり方)を実践したかったので、すでに子供さんが小学生の方なんかに、これについて聞いてみました。
すると、お父さんが英語の担当だと、結局家庭で子供と過ごす時間の長いお母さんとの日本語が強くなり、英語が追いつかない、とのことでした。
子供さんがインターナショナルスクールなどに通っていれば良いのですが、自宅近くの公立小学校などに通っていれば、当然授業も友達も日本語なので、日本語での環境ばかりになってしまう。お父さんが仕事から帰ってきて夜にちょこっと話すだけでは英語の上達にはならないから、結果、お母さんも英語で話すしかない、という方が多かったです。
それで、私のやりたかった方法を実践している家庭はいないのかなーと、ちょっと不安になり、あるサイトにて質問してみました。すると、中には「家庭では英語、外では日本語」というやり方にしている人たちもいることがわかりました。ただ、これでネックになるのは、実家の両親などが来られているときに、子供が「おばあちゃんが分からないのはかわいそう」と結局そのときは日本語になる、ということでした。これも実家の出没数が少なければよいのでしょうが、頻繁に実家と食事などする場合は意味のないことになるようです。
やはり、母国語=母の国の言葉 なのねぇ、なんて思ったりして、これが日本在住で母親が英語を話す担当であれば、良いのになぁ、と思ったりしました。

で、我が家では私は子供に日本語で話しかけました。唯一、私が子供に英語で話しかけるときにはミッキーマウスの人形を使いました。人形は全て英語です。
そうすることで、少し英語で会話する機会を作っていました。
テレビばかりに子供のお守りをさせるわけにもいかないですからね。

今は、JJがエリーと遊ぶときは英語なので、私もエリーにはほとんど英語で話しかけています。
そのせいもあるんでしょうね。エリーは90パーセントくらい英語ばかりなので・・・。彼女は日本語も分かっているのですが、出てくる言葉は英語なのです。

子供をバイリンガルにするのは簡単ではないですね。
みんなで頑張りましょう!
スポンサーサイト

英語学習は早期開始が良いかどうかについて

英語教育だけでなく、今は何でも小さなときからやった方がよい、という考え方を
持っている方々が多いのではないかと思います。
幼稚園のお友達などのお話を聞いていると、習い事をしていない子の方が
少ないという印象を受けます。

小さな頃からやると効果のある習い事、というのもまた数多くありますが、それら
全てをやるわけにもいかないでしょうから、中には試しにやってみて、自分の子供との
相性で決める、という方も多いと思います。

語学に関して言えば、遅くとも10歳未満で始めると良い、と言われているようです。
これは脳細胞の発達と大きく関係しています。
人間の脳は小さなときが一番活発です。一番柔軟に色々なことを吸収できる
ときに多様な刺激を受けることが大事なんだそうです。
だから、早く始めた方が本人の努力を要しないで習得できる、ということです。

「日本語もできないのに、外国語なんて・・・」という否定的な考え方をされる方も
いるかもしれませんが、それは、子供に圧力をかけて、無理矢理教えるようなことを
すれば、それが母国語であれ、外国語であれ、子供にとってはストレスになって
しまいますから、どこか壊れてしまう、ということであって、楽しくやっていれば
そのようなネガティブなことは生じないはずです。
日本人の赤ちゃんが日本語を覚えるのは、決して苦労したり、ストレスや
プレッシャーを感じて覚えているわけではないですよね。時間をかけて自然に
覚えていくものです。外国語も、母国語を覚えるのと同じ環境で身につけることが
できれば、それがベストだと思います。
そうだとすれば、母国語が確立してから、外国語を入れ込むよりも、母国語が
確立していなくても、外国語をした方が、より自然に近い形で見に着く、と
言えると私は思っています。

では、10歳以上で始めると、もう「手遅れ」か、というと、もちろんそんなことは
ありません。いつでも思いたったときが、始め時。
その年齢にあった学習方法が必要にはなります。
また、自然に覚えるというよりは、かなり努力が必要とされ、意識的に覚える
という作業をしないといけないと思います。

かくいう私が英語を学び始めたのは義務教育でしたから、中学に入ってからでした。
そんなわけで、私自身は、苦労して、努力して、(というか、かなり意識して)英語
を習得したのです。自分の子供たちにはこんな思いをしないで
英語ができるようになってほしい、私はそう思っています。

習い事、とまではいかなくても、英語の歌を聴くとか、英語のテレビを見るとか
できるだけ、英語の環境を作ることが大切だと私は思います。




テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

ダディのこと

我が家のダディーはアメリカ人で、ミネソタ州出身です。そうは言っても、もう両親は
他界しているし、兄弟もミネソタには住んでいません。
親戚のほとんどがフロリダや西海岸など暖かいところへ引越ししていて、ミネソタには
数人しか残っていないみたいです。
そのためでしょうか、ダディーはミネソタには多分20年近く帰ったことがありません。
ダディーには兄と妹がいますが、兄はハワイ、妹は西海岸に住んでいました。
兄は現在東海岸に引越ししていて(仕事の関係で)、妹は他界しました。
ますます、ミネソタから離れてしまう・・・。
そんなわけで、私はミネソタには行ったこともありません。
いつか、家族みんなで行きたいね、と言っています。

いまや、ダディーの日本での生活がアメリカでの生活よりも長くなりつつあります。
日本語も堪能なので、よく友達からも「アメリカ人の仮面をかぶった日本人」とか
「すごい、英語うまいねぇ!!」なんていわれたりしています。
私も、ついつい、彼の日本語ができる、ということが前提で話をしますので
時に彼が日本語で言ったことばにムカッと来ることもあります。
よくよく話してみると、彼の意図したこととは違った風に使っていた、ということがあります。
それは私の英語にも言えることで、私が意図したことと、発した英語が違うことがあり
ダディーが言葉通りにそれを取って怒る、ということがあります。
お互いが日常生活に支障ない程度英語、日本語ができても、それでも
やはり言葉のトラブルが時々起こります。
これはお互いが、もう少し思いやりを持っていればきっと起こらないトラブルなんだと
思います。

一応、異国、日本に住んでいるダディーなので、私がもう少し寛大になるべきかなぁ
と思いました。

今日も応援よろしくお願いします!!

子供の教育

昨日3ヶ月振りくらいにお友達のRさん一家と会いました。
Rさんのところもお父さんがアメリカ人で、お母さんが日本人、子供のSくんは
エリーと同い年です。Sくんのダディーの遺伝子が強い?!のか、Sくんは
「一体どこに日本人の血が入っているのかな??」というくらい白人の子供って
感じなのですが、とっても可愛いです。

Rさんの奥さんと話していたのだけれど、小学校の教育はできれば
日本がいいね~。って。
特にRさん家は軍人ファミリーでアメリカにいる可能性の方が高いので
できれば、小学校は日本で行ってその後はアメリカの学校教育を、っていうのが
理想的のようです。

我が家は普通の在日国際結婚ファミリーなので、簡単にアメリカに移住
ってわけにも行かず、またうちは自営なので、転勤なんてものもありません。
アメリカに移住したら、今度はいつ日本に帰ってこれるか分かったものでは
ありませんので、相当の覚悟&お金が必要です。

それなので、我が家はとりあえずは日本での教育が第一です。ただ子供の
選択肢は増やしたいので、将来子供がアメリカの大学に行きたいときには
行ける様に、中学からはどうするかを考えたいと思っています。
今は読み書きがないからいいけれど、小学校に行き始めたら、小学校の
勉強とは別にアルファベットの読み書きはダディが担当して
ホームスクーリングする予定です。

今日も応援よろしくお願いします。

子供にお薦め英語番組!

我が家でよく見せていたテレビ番組は
テレタビーズ(Teletubbies)
ノック!ノック!ようこそベアーハウス(Bear in the Big Blue House)
などなど・・・。

テレタビーズ(Teletubbies)はBBC放送製作で、なんと10年も続いています。世界120カ国以上で愛されている番組です。 ティンキーウィンキー、ディプシー、ラーラ、ポーという愛くるしいキャラクターが出てきます。小さな子供向けだと思います。今、うちのノンタン(もう少しで11ヶ月)が喜んでみています。5歳のJJは卒業したようで、興味を示しませんが、JJは小さなとき、毎日のように見ていました。

ノック!ノック!ようこそ、ベアーハウス(Bear in the Big Blue House)は、アメリカの番組です。大きなハートを持ったベアがねずみや、こぐまと一緒に大きな家に住んでいて、歌やダンスをしたり、様々なストーリーがあります。こちらは、少し大きな子向けかもしれません。2歳のエリーがよく見ています。家の片づけをテーマにしていたり、友達と物を分け合うことがテーマだったり、さりげなく英語だけでなく、生活の基礎も学べます♪私はこのベアが大好きです。

大人でも結構楽しめますので、ぜひ、ぜひ見てみてください。

今日も応援お願いします!!

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

我が家のテレビはいつも英語


我が家は、ケーブルテレビに加入しています。これは子供が生まれる前からです。
ダディは日本語も堪能なのですが、ニュースが大好きなのでCNNなど毎日
見ています。
そのため、私たちは結婚してからケーブルテレビに加入しました。
子供がいなかったときには、映画や、ニュース、ディスカバリーチャンネルとか色々堪能
していました。
子供が生まれてからは、もっぱら子供向けのチャンネルに変わってしまいました。
我が家の加入しているケーブルテレビでは24時間子供向けのテレビ番組を
放送しているチャンネルが二つあったので、日本語の子供向け番組は見せずに、
いつも英語の子供向けテレビ番組を見せてきました。
NHKである英語の番組とかではなく、アメリカやオーストラリア、イギリスなどで
製作された子供向けの番組を好んで見せました。

我が家ではテレビがついている=英語を聞くチャンス
という感じですね。

ケーブル加入当時にはディズニーチャンネルがなかったのですが、今はディズニーチャンネルも
見られるので、テレビがついている=ディズニーチャンネルがついている
というのが80パーセントくらいかもしれません。

最近は、JJが幼稚園で流行っているキャラクターを知らないのも気の毒な気がして
『ポケットモンスター』は見てもよいことにしています。
あと、エリーが時々『アンパンマン』を見ていますが、月に一回くらいです。

ケーブルで見せてきた、子供の英語番組についてはまた詳しく説明しますね。

今日も応援よろしくお願いします!



テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

子供たちの語学力

うちの子供たちは3人とも日本生まれの日本育ちです。
ダディがアメリカ人なので、「英語ができるだろう」という風に周りから思われても
仕方ないと思います。でも、結構国際結婚家族を見ていたら、英語ができなくて
悩んでいる家庭って多いものです。いくら自分の周りに英語のできる人がいても
出来ない人は出来ないのですよ。日本人でも何十年も外国に住んでいても、その
国の言葉ができないって人もいますよね。逆に外国人でも日本にずっと住んでいても
日本語がほとんどできないっていう人もいますものね。

私は若かりし頃に、努力して英会話を取得したので、その分語学を習得することの
大変さはよく分かっているつもりです。
また、そんな大変な思いをしないで、語学力を身につけることができたらどれだけ
良いかと思ってきたので、子供たちの環境作りには熱心かもしれません。

JJは普通の私立の幼稚園に通っていて、今春から年長さんです。
今の段階では、日、英共に流暢なバイリンガルに育っています。読み書きはまだ
始まっていないので、それは今後の課題となっていくと思います。

エリーは、まだ幼稚園に行っていないということもあり、エリーの世界=JJと遊ぶ
世界なので、もろにJJの影響を受けています。
なぜかJJがエリーと遊ぶときには英語で話しかけて遊んでいるので、エリーは
日本語よりも英語の方がすらすらと出てきます。日本に住んでいて、母親は日本人
なのに、エリーは英語が強いです。

末っ子のノンタンはまだ10ヶ月で、「あー」とかしか言っていませんが、この子もきっと
英語が強くなるのでしょうね。きっと兄弟3人で英語で遊ぶようになると思います。

JJのときは初めての子供、初めての子育てだったので、色々英語の環境作りに
力を入れていました。そのことについては追々書いていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援してください。

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

ブログ、思った以上に難しいです・・・。

始めたばかりなので、試行錯誤は覚悟していましたが・・・しかし
難しいです。
とりあえず、ブログランキングのバナーをつけたりして、バナーのつけ方の練習から
しようと思いたちました。読んでも、読んでも、日本語がわからない・・・。
ってな感じで、なかなか進みませんでした。
ブログランキングのバナーを自分のPCに取り込んで、アップロードするまでは
簡単にできたのですが、その次の
「自分の入れたいところに入れる」ってのが分からなかったのです。
え、どうやって場所を選ぶの??!!‘@@

で、やっと分かったのですが、自分の記事の入れたいところに入れるってことなんですね。
多分、そうだよね。
ということで、とりあえず、これは実験です(涙)
まだうまくリンクできていないかもしれませぬ。でも、リンクつけてみます。

こんな私に愛の一票よろしくお願いします。

テーマ : 【祝】ブログ開設! - ジャンル : ブログ

はじめまして、jmommyです

初めまして!jmommyです。
ブログを始めるにあたり、分からないことばかりですが、少しずつ慣れていきたいと思います。よろしく~。

我が家には今春(2008年)から年長さんになる長男JJ(5歳)、幼稚園に行きたくて仕方がない長女エリー(2歳)、 伝い歩きが楽しい次男のノンタン(10ヶ月)の3人の子供達がいます。
そのため、マミーは毎日なぜか忙しい。
家が片付かない。やりたいことができない。やらねばいけないこともできない。
ってな感じで、毎日どたばたしています。

JJのときには生後一年間つけた育児日記も、エリーのときは1ヶ月で終わり、ノンタンに至っては生後一週間で終わってしまいました・・・。本来日記など書くのは大好きなんですが、実質、ペンを手にとって書き物をする時間というものが見つけられない毎日なんです・・・。そんな時間があったら、あれもこれもしなきゃーって、思うのですが、なかなか上手に時間のやりくりができません。

そのため、私のやりたいことリストは長くなるばかりで、達成されたものの方が少ないです。
なんとか、このブログは続けたい、いや、何が何でも続けるぞー!と思っています。
頑張りますぞ。

テーマ : 子育て奮闘記 - ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。