スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学学校に通うことと、留学すること

我が家の子供達がバイリンガルということもあるせいか、よく聞かれることがあります。

「どうやったら子供をバイリンガルにできる?」

「どんな教材を使ったら良い?」

「語学学校に入れるのと、留学させるの、どっちがいい?」

子供によって、性格も違うわけで、その子供によって効果的なしつけの方法がそれぞれあるのと同じで、語学の取得方法も、各自色々あると思います。

でも、どの場合にも言えることは、「早すぎるということはない」ってことかな。
よく、「早いうちにしたから、子供がどもるようになった」
とか早期教育を批判する意見も聞きますけれど、それはやり方がまずかっただけで、早期にやったことが原因ではないと思います。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ディズニーの英語システムを評価する

JJがまだ2歳ごろでしょうか、ディズニーの英語システムを購入しようかと、検討したことがあります。
結論から言うと、買わなかったのですが、常に気になる教材ではあります。

価格はひとまずおいておき

私が良いと思う点
小さな子供が興味をもつ内容である
アルファ波を引き出す良い音楽を採用している
内容は結構濃く、仮定法など高校レベルまでの英語が入っている
ミッキーやミニーなど、キャラクターの本当の声を採用している
DVDやワークブックなどの教材が連動していて、使用できる
別料金はかかるものの、教材の補償が充実、フォローアップもしてくれる
などでしょうか。

特に悪い点は思い当たりませんが、強いて言うならば、小学生以上から始めると子供がディズニーキャラクターに興味を示さない可能性があること。

どうせするなら、早いにこしたことないでしょうね。

この英語システムは、フォニックスでなく、母国語方式を採用していることを特徴としています。
個人的にはフォニックスが良くないとは思っていませんが、かといって、母国語方式を否定するつもりもありません。 フォニックスはネイティブでも小学生くらいから習う(ダディ談)とのことなので、3歳以下のお子さんだったら母国語方式の方が自然で分かりやすいと思います。

また、このシステム、両親が英語が全くできなくても、子供はDVDやワークブックをすることで英語ができるようになる、というのが大きな売りだと思います。そのための、ガイドもついていますし。

子供たちの興味を持続させるためのイベントがあったり、キャンプがあったり、フリーダイアルでネイティブと話ができたりするというような、ただ教材を売るだけではなくアフターサービスも充実しているところも良いと思います。(ただし、有料ですけど)

では、なぜ私たちが購入に至らなかったか、というとこんないきさつが・・・。

セールスレディの方が、体験で来られて、
私 「高額のお買い物になるので、主人と話し合います」
セールスレディ 「では一週間後の○日にお電話しますので、そのときにお返事ください。そのときにご購入いただけたら○○がサービスでつきます」

とのことでした。実は私は買う気満々になっていました。
価格は高いのですが、パーツ買いもできます。でも、どうせ買うならフルセットでそろえないと意味ないと私は思っていました。そして、英語担当のダディに責任持って使って欲しい、と思いました。
ダディに聞いたら、「買っていいよ」と言ってくれ、買うぞーと思っていました。

ところがお約束の期日になっても電話がかかってこない。
高額な商品を購入する気になっているのに、待てども連絡なしです。
期日を過ぎた一週間後くらいに、突如ファクスがあり、「子供が熱が出ていたため℡できませんでした。すみませんでした。また改めましてお電話します」と書いてありました。
そんなの書いてファクスする暇があるなら、電話できるでしょうに・・・。

この間に、私の衝動買いモードが沈静化しました。。。

体験のときにJJは喜んで遊んでいましたが、ワークブックなど難なくこなしていたので、本当に必須のものかと言うと、「あれば尚良いかもしれないけれど、なくてもどうにかなる」という印象は持っていました。さらに、我が家にはすでに山ほど英語の本やゲーム、ビデオがあるので、それらでも十分に英語を使えるということもありました。また、両親とも英語ができるので、ネイティブとのフリーダイアルなどはあまり魅力を感じていなく、このような一貫しているセットは使いこなせばとても良いものなのは分かるけれど、自分たちの(絵本やDVD,ゲームを探す)手間を高価なセットものを買うことで省いているような罪悪感も多少ありました。

また、この、あまりやる気のないセールスレディから買うこともちょっと気が引けた一つの理由でした。
体験のときも、あまりにマニュアル通りに話すセールストークにちょっとうんざりしていたので、2週間以上も間を開けられたことで、気持ちがすっかり醒めてしまいました。

それで、やっと電話がかかったときに、「申し訳ないのですが、今回は見合わせます」と言う様なことを言ってお断りしました。

そのときに「もしも、予算が厳しいなら、分割もありますし、全部買わなくても、またお金が貯まったときに買い増しもできますから、一部だけでも購入することも考えてください。お金がないからと言って全てを諦めるのではなく、ちょっとでも与える方が良いですよ」

と言われました。「私は買うなら、全部買いたいし、一括で買いたい」と思っていました。
夕方など家事をしている間にみせるつなぎのDVDと使うにしてはかなり高いお買い物になりますから。買うなら、徹底的に使わないとね。

確かに、彼女の言う、「全然やらないより、少しでもやった方が良い」というのは正しいと思います。
英語だけではないと思いますが、どんな習い事でも全然やらないよりは少しでもやった方が、たとえモノにならなくても、きっといつか役に立つことがあると思います。
だから、両親は英語ができなくても、子供に英語のDVDを見せたりするのはとても大切なことだと思います。くだらないテレビ番組をみせるより、はるかに良いと思います。

ただ、我が家の場合、子供のバイリンガル教育はディズニーを買わなくても必須なので、「買わない=英語を学ぶ機会がない」って訳ではなく、我が家にはシングアロングなどのディズニーのビデオなどもいっぱいあり、彼女の言うことはあまりあてはまらないと思っていました。

そんなこんなで我が家には 英語システム やって来ませんでした。

英会話って大変?!

夏休みが始まって、すぐの7月20日、お友達家族がランチに来ました。
ダディーが日本人、マミーがアメリカ人、男の子(小学生)2人の4人家族です。
26日から母子だけでアメリカ(マミーの実家:ニューヨーク)に里帰りだそうです。
男の子二人とも、とても気立てがよく、うちの子供たちともよく遊んでくれました。
ちょうどJJは私の母と一緒に、母の里へお泊りしていたため、楽しみにしていたおにいちゃんたちと再会できず、ちょっと残念でしたが・・・。

今までこの家族とはいつもBBQなどして外で会うばかりだったので、家に来てもらったのは初めてです。
うちには家庭菜園があり、家庭菜園に興味津々の上の男の子は、色々質問したいことがあったようです。それで、うちのダディが家庭菜園やガーデニングなど手がけていると知ったM君、質問がしたいけれど、どうやって(英語で)聞いていいか、分からなかったため、(アメリカ人の)マミーに日本語で「とうもろこしって作るの難しいか、聞いてよ」とお願いしていました。そこで、M君のマミー、「自分で聞いてみてごらん」と英語で答えていました。
日本語のできる我が家のダディー、この状況は理解できているので、「遠慮なく質問して良いよ。何が知りたいって?」と英語で言い、その後はM君の聞きたい質問をうまく誘導、フォローしたので、M君何とか英語で質問ができました。

国際結婚家族で日本在住の場合、家族以外の英語のネイティブスピーカーと話すチャンスは上手に使いたいところです。大体、誰もが同じ願いを持っているので、お互いの子供たちには英語で話しかける、というのは暗黙の了解のような感じになっています。

私は日本人なので、子供たちには日本語で話しかけますよ。
つまり、自分たちの母国語で話しかける、ということが自然だということです。私の不完全な英語の発音をよそ様の子供たちにおしつけるのはちょっと失礼かな、と思っています。私も外国人の友達が私の子供たちに話すときは、怪しげな日本語でなく、英語で話してほしいと思います。
さすがに、年配の方とか、あまり親しくない外国人の方が、我が子に不完全な日本語とか単語だけ日本語とかで話しかけてもそれを咎めたりはしませんが・・・。

英会話って簡単ではないかもしれません。でも、小さなころからやっていれば多分、かなり楽だと思います。そう信じています!

子供にとってどっちが良いのでしょう

5月11日、子供英会話の生徒さんやダディのオープンカレッジの生徒さんなどなど、英語を勉強している方々や、私たちのお友達などみんなで集まってBBQパーティーをしました。
ちょっとでも、英語を話すきっかけになったり、新しいお友達ができたらいいな、と思って企画しました。
大人だけでも50人以上、子供も25人くらいいたのでしょうか。
大勢のパーティーとなってしまいました。
集合写真を撮ろうと思って、カメラを持っていっていたのですが、子供たちはみんなてんでばらばらに
なって遊んでいるし、「ま、いっかぁ」と結局一枚も写真取りませんでした。
アバウトな主催者ですみません・・・。
国籍も日本、アメリカ、オーストラリア、カナダなどなど多彩でした。
下は8ヶ月から、一番上は75歳すぎの生徒さんまでいました。

久しぶりに会ったOさんの家族は
ダディが日本人
マミーがアメリカ人
男の子が二人(小6と小4)
の4人家族です。

「子供たちの教育、大学はアメリカにしたいとか思っている?」って聞いたら
「まだ中学をどうするかもきちんと決めていないのよ~」と言っていました。
でも、お金もかかるので、一番のベストは「高校まで公立に行き、アメリカの大学にはTOEFLで行く」
ことかなぁ、と言っていました。

子供が大学で何を専攻したいか今わかるわけでもないし、今、進学する大学を決めるのは
ムリですものね。
ただ、大学によっては、州外と州内で学費とか違うわけですよ。
そして、留学生だともっとお金がかかるってことです。

Oさんの家はお母さんがアメリカ人だから、家でのスクーリングも簡単にできるかなぁ。
彼女いわく、「大変よ~。今の段階でも読み書きはあまりできていないの」とのこと。

どこの家も大変です。

お友達ファミリーのバイリンガル事情②

私は日本在住の国際結婚ファミリーの母です。
そのため、同じような境遇のお友達と子供をバイリンガルにすることについてのお話をすることが折りに触れてあります。バイリンガルにする(なる)ための、特効薬とか、万能薬というものはないと思っていますので、色々な家庭の色々なやり方を知って、自分に合ったやり方を見つければよいと思います。
「あ、こんなこともあるんだぁ」と参考にしていただければうれしいです。

F家の場合 (日本在住)
ダディー(オーストラリア人
マミー(日本人)
子供たち (数が多く、テレビでも取材されているようなファミリーですので、省略します)

このファミリーは、ご夫婦でお仕事をされていて、なおかつ、子供も多いので、とっても忙しそうです。(特にお母さんが大変そうです)そのため、なかなか改まってお話ができず、子供さんたちの将来をどうするか、なんて話もきちんとしたことはありません。
ダディーは子供たちに英語で話しかけ、マミーは日本語で、という感じです。
でも、子供たちは赤ちゃんの頃から保育園にお世話になっているため、日本語ばかりが強くなっていて、英語はほとんどできません。ダディーは日本語があまり上手でないため、コミュニケーションがうまく取れないこともあるみたいです。
それで、(ってわけでもないかもしれませんが)子供たちは小学生くらいになると3ヶ月おきとかにオーストラリアの小学校に通っています。(その子の英語のレベルによって寮に入ったり、ホームステイだったりするようです)子供たちは、学校の勉強が大変かもしれませんがそれなりに楽しんでいるみたいです。

応援よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。