スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園の英語参観日

エントリーするのが遅くなりましたが、6月に幼稚園で英語参観がありました。
残念ながらダディーは仕事だったので、私が下のエリーとノンタンを連れて行きました。
今回は英語で遊んでいるところを見るのが主な目的の参観日のため、クラスごとに時間の設定もあり遊戯室で行われました。年長さんは2クラスで、JJはつき組です。つき組からまずは参観がありました。
最初にS先生とごあいさつ、その後果物のイラストカードを使って、果物の名前の説明。
子供たちに見えないようにS先生がカードを並べ替え、そのときに一枚とか二枚カードを抜きます。子供たちは無くなってしまったカードがどれだったかを当てます。
その後グループに分かれたゲームなどありました。
子供たちはとても楽しそう。リラックスしてよい感じでした。

ただ、一つ私が気にかかったことは、その果物の呼び方。
複数形を使ったほうが良いような絵もあったのですが、どれも単数形で教えていました。
「ブルーベリー」「バナナ」「チェリー」「グレープ」など。
これらを単数形で言う方が不自然と思うのですが、果物の名前ってカタカナで浸透していることもあり、子供たちに覚えやすいようにそうしているのでしょうね。
ちょっと不満に思ったのは私だけでしょうか・・・。
リクエストして正すほどのこととは思っていませんが、どうなんでしょうね。皆さんの意見もぜひ聞かせてください。
スポンサーサイト

英語で楽しめるテレビ番組

いつもディズニーチャンネル漬けの我が家。
子供たちに定期的に見せているのは

『リトルアインシュタイン』

これは、以前ハワイに行ったときに、ディズニーチャンネルでやっていたのを見たのが
最初の出会いでした。JJはこの番組がとても大好きで、私たちも、この番組には感心。
日本でも見ることができないかなぁと、思っていたら、始まりました♪

内容は、4人の子供達がロケットと一緒に、色々なミッションを解決する、というもの。
毎回、素敵なクラッシックが流れ、音楽の強弱に合わせて身体を動かすように
促されたり、子供たちに質問が問いかけられたりする参加型の番組です。
ミッションの内容は毎回違い、例えば、天体の勉強だったり、南極旅行に
行って南極の動物に会ったりします。
我が家では、子供たち3人が夢中になってみています。


『えいごでウィグルス』
『ウィグルス』

こちらもディズニーチャンネルの新しい番組です。
オーストラリア製作の番組
4人のおじさん(お兄さん?)がメインに登場し、他にもきぐるみなどの登場人物が
出てきます。主に歌を歌って楽しむ番組です。

先日、番組の中で、「ブロッコリーパスタ」が登場。一人のキャラクターが
「ブロッコリーは食べたくない」と言うと、他のキャラクターが「ブロッコリーは筋肉を
強くする」「元気になる」など、ブロッコリーを食べるように促しました。

それを見ていたJJ,「ブロッコリーパスタを作って!」と早速私にリクエスト。
昨日ランチにブロッコリーをいっぱい入れたパスタを作ったら大喜びで食べました。
赤ちゃんの頃は、大好きだったブロッコリー。最近は、「嫌だ」と言って、シチューに
入れても、ピザに乗せても食べてくれず、ポタージュスープなどにしていました。
それが、ウィグルスのおかげで、いとも簡単にブロッコリー好き♪に。
英語取得以外の効果があって、マミー、大喜びです。

幼稚園での英語

先日、JJの幼稚園の参観日がありました。とはいっても、保護者総会のついでに、自由に参観してください、というような時間があっただけなのですが。
たまたまその日は、JJの幼稚園にイギリス人の先生が来る日でした。JJの幼稚園では毎週月曜にイギリス人の先生が来て、年長さんたちは、英語で遊ぶ時間があります。

4月に家庭訪問があったときに、担任の先生から、「昨日初めて英語の時間があったのです。私は全然英語がわからないのですが、JJくんが通訳してくれてとっても助かりました!」と言われました。
JJに、「英語どうだった?」と聞いたら、「簡単だった」と言っていました。

参観のとき、私は、下の子供たち二人も連れて幼稚園に行っていました。英語が始まる前に園児たちと遊んでいたS先生が私のところに来て、下の子供たちの年齢などを聞かれました。S先生には1歳半になる娘さんがいるということでした。個人的な意見ですが、子供さんのいる方だと聞いてちょっと安心しました。別に独身の先生が良くないというわけではないのですが・・・。

英語の時間が始まりました。子供たちが円にしてならべたいすに座り、その円の真ん中に先生が座り、"Hello. How are you?"と言いました。JJは恥ずかしがる様子もなく"Great!"と答えていました。他の子供たちはとても静かにしていました。まだ、数回の英語なので、きっとみんな恥ずかしいのでしょうね。その後は先生は英語と日本語で説明・・・。子供達全員が順番に"My name is ...."と自分の名前を言うのにどれだけ時間がかかるか、というのをやりました。
残念ながら、保護者総会の時間がきてしまったので、その後は見ることができなかったのですが、今度英語参観というのがあるので、そのときにはみんながいきいき遊んでいるところが見られるかな、と思います。JJが恥ずかしがらずに答えていたのはちょっと嬉しかったです。
何をするのも、「恥ずかしい」という年齢なので。

英語が全く分からない子供たちに英語を楽しんでもらうって大変なことだと思います。
S先生がんばれ!

まだまだ先とは言え、進路について悩みます

我が家の長男は今春から年長さん。
進路を決めるのはまだまだ先の話です。
もちろん、大学付属小学校とか入れる家庭ではもう受験の準備なのでしょうが、
我が家は自宅近くの公立小学校に行かせる予定(というか、それ以外の選択肢は
ないの)です。

ただ、子供の将来は「日本にある」だけとは思っていないので、それなりに選択肢が
広まるように、英語もしっかりやって、アメリカの大学に行かせることも考えています。
でも、簡単にアメリカの大学に行くことはできませんから、そうなら、それなりの準備が
必要となってきます。

うちの近くに、英語で授業をする中高一貫校が数年前できました。ダディーの生徒さんの
娘さんが通っていますので、我が家もその学校のことは少しは知っています。
聞くところによると、その学校は文科省にも認められているから、日本の大学も受けられるし
また、アメリカの大学もトーフルなしで入れるとか。
地元のインターナショナルスクールは、質は高いと言われていますが、ここの高校を
卒業すると、日本の大学は大検を受けないと受験できません。それに学費も高いです。
年間学費だけで160万円・・・。
我が家ではそんなのとうていムリです。

中高一貫校は私立ですが、インターよりははるかに学費が安いみたいです。
それでも、現在の学費は月5万。年間60万円ですね。

あと、少しムリがあるかもしれないけれど、ベースの中の高校に通わせる、という
ことも考えました。ベースは、おとなりの県にありますので、車で(高速使って)1時間くらい。
電車など使っていくとかなり時間かかるかも。。。でも、アメリカよりも近くて
アメリカの学校に行けるから、この際それもありかな。と。

昨日、ダディーが子供さんをベースの学校に入れていたアメリカ人の友達に
会いました。そのときに、学費を聞いてみたらしいです。
すると、25年くらい前の当時13000ドルだったらしいです。
今はどうなっているか、不明です。
お友達の子供さんたちはベースの高校に通った後はアメリカ本土の大学に
入学されたそうです。

頭が痛くなる話題です・・・。
今日もクリックお願いします♪

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

子供の教育

昨日3ヶ月振りくらいにお友達のRさん一家と会いました。
Rさんのところもお父さんがアメリカ人で、お母さんが日本人、子供のSくんは
エリーと同い年です。Sくんのダディーの遺伝子が強い?!のか、Sくんは
「一体どこに日本人の血が入っているのかな??」というくらい白人の子供って
感じなのですが、とっても可愛いです。

Rさんの奥さんと話していたのだけれど、小学校の教育はできれば
日本がいいね~。って。
特にRさん家は軍人ファミリーでアメリカにいる可能性の方が高いので
できれば、小学校は日本で行ってその後はアメリカの学校教育を、っていうのが
理想的のようです。

我が家は普通の在日国際結婚ファミリーなので、簡単にアメリカに移住
ってわけにも行かず、またうちは自営なので、転勤なんてものもありません。
アメリカに移住したら、今度はいつ日本に帰ってこれるか分かったものでは
ありませんので、相当の覚悟&お金が必要です。

それなので、我が家はとりあえずは日本での教育が第一です。ただ子供の
選択肢は増やしたいので、将来子供がアメリカの大学に行きたいときには
行ける様に、中学からはどうするかを考えたいと思っています。
今は読み書きがないからいいけれど、小学校に行き始めたら、小学校の
勉強とは別にアルファベットの読み書きはダディが担当して
ホームスクーリングする予定です。

今日も応援よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。